【OMECOの悩み?】なんと言うか、話が伝わらない話

posted in: アメブロ, ブログ, 勃男 | 0

 

どうも!勃男です。
猛暑が続いておりますが、皆様体調を崩したりしておりませんでしょうか。
自分は暑いの苦手なので、脳みそ溶け出しそうなレベルですw
もうお盆休みで外で遊んでる方もいらっしゃるかと思います。
熱中症に気をつけてお休みを満喫してくださいね!

 

さてさて、あまり文章を書くのが得意でない勃男な訳ですが、ここ最近またちょっと中国側(工場ってよりも間に立ってもらってる検品会社)に対する愚痴ができたのでちょっとお話できたらなーと。

ただ、一方的な不満や文句な内容がメインとなります。

 

言いたかないけど、それくらい頼むわ…

愚痴その1 いやそれ先に言うてやwww

omeco

↑毎度おなじみ、好きなおっさんw

今新作の制作に関してのやりとりを頻繁にしています。

まだお話できませんが、他ブランドさんとのコラボなんですけど、その商品に関してです。

向こうのブランドさんからはデザインのイメージだったり、ロゴデータいただいたり。

それでこっちが「こう言う形状だったらできる、こんな感じで進めようと思うけどどうですか?」

そんなやりとりをしています。

それで間に立ってくれてる検品会社に仕様を説明して、進めています。

 

計4つの会社が動いてる訳なんですけど、その中でサンプルどうしようかってなりました。

どうしてもちゃんとした商品の状態でサンプルを作るには型代が必要になります。

気に入らなかったり欠陥があれば作り直し。余計にお金かかっちゃうんですよね。

今回はちょっと特殊な形での制作なので、一度形状の確認がしたい。

 

そこで、どうにか安くできないかと検品会社の方に相談したところ、

「サイズ等の仕様を送ってくれたら3Dプリンターで無料でサンプル作れます」と言われました。

お、それええやん!と簡単ではありますが、できるだけわかりやすく仕様書を作り送りました。

すると検品会社から、

 

「すいません、CADデータでないと…」

 

いやそれはよ言えやwww

CADが必要やったら先に無理言うて何かまた考えてたやんw

これで1日無駄に…いや無駄にはなってないかな、結局仕様書は完成しましたし。

これに関しては代表がせっせと工作して形状の確認用のサンプルを作り上げましたw

ちなみに、これを機にちょっとCADの勉強してみようかなと思った勃男でした。

 

愚痴その2 できればIllustrator入れといて欲しい…

omeco

上記の新作の話にもなるんですが、自分は結構同じファイルに必要なデザインまとめて作ります。
時計だったら、盤面デザイン、ケース形状、刻印、指示
各レイヤー訳して表示非表示が楽な状態にしています(自分もわからなくなっちゃうから)。
そしてデータと一緒に仕様書を送っているのですが、
昨日「刻印データは完成しましたか?」と連絡が。
いやいや、盤面データの方に一緒に入れてありますよと。
するとスクショ送ってきて、「この画像しか入ってません。」
あああああああそっか、こいつらprdリーダーで確認してるんだった。
もちろん工場側のPCにはイラレ入ってると思うんですけどね、でも最近そう言う話なかったからイラレ入れたのかなって勝手に思ってました。
話も通じてたりするので、大丈夫やろ!と。
自分はアートボード外にデザインや指示入れることが多いんですが、それ確認できてなかったのねーってなりました。
仕様書にも画像は入れてるので、それだけで確認してた、そりゃ話変わってくるし間違えるな。。。
デザインとか確認して工場と話をする立場やったら、せめてイラレくらいは入れておいて欲しいなと、そんなことを思いつつアートボードを増やした勃男でした。

愚痴その3 形式の指定が後から…

今制作しているアイテムに関して、向こうのブランドさんもイラレ持ってなくてPhotoshopで作られたデータをもらってます。
そのデータを必要であれば、こちらでアウトライン化させて送っています。
omeco
↑アウトライン化のイメージ
ただ画像のままでいい場合もあるので、そう言う場合はそのままの入稿って感じになります。
まあその連絡が遅くて、全部入稿完了したわーってなってから2〜3日後に
「あのデータではダメです。イラストレーターデータでください。」
言われるんですよねw
アウトライン化しろとか、カラーはCMYKなのかRGBなのかとか、そう言うの多分ちゃんと分かってないと思うんですけど(イラレ持ってへんし)多分アウトライン化させろって言ってんだろうなーと。
その辺もうちょっとスムーズに進めば少しでも早く制作に入れるんやろなー。。。
まあそんなこんなで、ストレスマックスになる制作の裏側でしたw
こう言う部分理解しつつ、付き合って行かないといけないのが中国での商品開発。
まだまだ課題も多いですが、昔に比べたらはるかにスピード感は上がったんじゃないかなとは思いますけどね。
ちなみに明日からお盆休みのところ多いと思いますが、自分は明日もお仕事しますw

愛保昇天