【マジ感謝】代表を助けてくれた師匠

posted in: ブログ, 勃男 | 0

どうも!勃男です!
めっぽう朝に弱い勃男、いつもギリギリの時間に起きますw
体質の改善が必要なのか、わかんないんですけど夜はめっちゃ元気なんですよ。
ぐっすり寝れるように運動でもした方がいいのかなーと。

さて、本日は代表の師匠のお話です。
↓ここから一人称が代表になります。

 

全てを助けてくれた師匠

師匠のあだ名はもみじさん

私には師匠がいます。
もう出会って15年くらい。
その当時私は水商売をしていました。
サパーってやつです。
全裸で踊ってバケツでシャンパンを飲む、そんなお店でした。

16歳の頃からお世話になっている先輩の紹介で

「こいつが広島から来てるもみじってやつや。なんかあったら助けてやって」と。

もみじ?だって広島なんだからもみじだろって。
あーもみじ饅頭からのあだ名ねw

その方はこの時年商7億〜8億くらいの会社を経営されていました。
家具屋さんです。

私が結婚した頃、このもみじ社長は東京に引っ越してきました。
家にまだ何もないから買い物に付き合って欲しいと電話が。
11月下旬の夜
コタツが欲しいとか布団が欲しいとか色々言われました。
無茶言うなやwこんな時間にそんなん売ってる店なんてドンキしかないやんけw

物販のいろはを教えてくれたもみじさん

嫁と喧嘩して、しばらくもみじさんの家に居候させてもらってたときのことです。
もみじさん「ところで、水商売やめて今何してんの?」と。
その当時、広告代理店みたいなことしてましたが、誇大広告みたいなあまり内容として人に喜ばれるような良い仕事ではありませんでした。
そんな時もみじさんから、「そんな仕事やめて楽天やりなよ。教えてあげるから。」

それがきっかけで、私はEC事業を起業しました。
なんでも教えてくれるんだし、怖いものなしだろうと。

はい、甘かったですねw

起業してから、もみじさんに

「これどうしたら良いですか?広告はどれかけたら良いですか?どうやって写真撮れば良いですか?」

質問責めで助けを求めました。
しかし、もみじさんから返事が一切来ない。
どうしたら返事がもらえるのか、私は必死に考えました。

写真はこの角度で背景はこんな色で何カット商品ページに記載しようと思うんですが、どうでしょうか?

とメールしました。
そしたら返信が来るようになりました。

それは良いよとか、違うとか、色々教えてくれるようになりました。

もみじさんに対して全部おんぶに抱っこでなんとかなると思ってた自分が、商売舐めてたと猛省しました。
それからはなんとか自分で考えたりしながら、経営を続けてきました。

それでも壁が…師匠助けて…

それから師匠にあまり頼ることなくなってきていましたが、どうしても壁ができてしまい、悩みに悩んで師匠に相談することになりました。
日本人との戦い
朝鮮族の乗っ取り
スマートな商品の仕入れ
様々な壁にぶつかりました。

もみじさん「明日ウチの検品会社の社長が来るから、相談したら良いよ」と

検品会社!?そんなものがあるの?
工場に検品部署があるのは知っていたけど、第三者の検品期間があるとは知りませんでした。

翌日喫茶店にて
「初めまして、和尚の尚と書いて尚と言います!よろしくお願いします!」
とめっちゃハイテンションで日本語が上手な中国人の方を紹介されました。

現状を相談し、現在はこの方の会社に検品や工場探しを手伝ってもらうこととなりました。
日本で知らない人は居ないレベルの有名な家具、雑貨の検品をしている会社です。
手数料も安い!
こうした本物の起業と取引をしているからこそ、15年前年商7億〜8億だったもみじさんの会社は、今年年商100億超えの大企業となっています!

 

もちろんOMECOは万人受けする商品ではない。
尖った商品です。
だからこそ、そんな大企業になれるかわかりませんが、そんな後ろ盾があったからこそこうして高品質の商品を作ることができました。

弊社はずっとエロと笑いを作っていきますw

 

OMECO 公式オンラインショップはこちらから