シャブリーナの悲劇…OMEX泥棒なんているの?

posted in: Uncategorized | 0

どうも!勃男です!

この土曜は知り合いの店の周年パーティーに顔出しに行って、散々飲まされた結果日曜は布団の上で二日酔いに苦しんでましたw

さて、本日は工場からの出荷確定したのでこの記事を書こうかと。

ご予約好調のSHABURINERに悲劇がw

 

シャブリーナ完成間近!そんな時にシャブリーナのベルトが盗まれた!?

納期はもともと9月末の予定だった。

だったんですよ…

もう組み立てて完成間近だったSHABURINER。

完成の報告を楽しみに待っていたそんな中、検品会社から有り得ないような連絡。

「シャブリーナのベルトは、ベルト工場から組み立て工場へ送る途中に失ってしました。
今工場は監視カメラでベルトを探しています。
予備案として、工場も改めてベルトを手配しています。
その納期が10日くらいです。もし失ったベルトが見つからなければ、今回シャブリーナの納期が一週間くらい遅れるとなります。
いろいろ申し訳ございません。
進捗をフォローし、また新しい情報があれば報告いたします。
よろしくお願い致します。」

おいおいおい…マジかよ…

今までで初めてのピンチ到来でした。

 

すでに予約販売を行なっておりましたが、何か起きるのが中国貿易。

万が一を考え少し長めに予約販売を設定しておりました。

それにしてもという感じでしたわマジで…

マスクが5000円という価格で販売されていた時も空港で盗まれるという話をよく聞いていたのですが…まさかOMEXマークのベルトが盗難に遭うとは・・・。

 

もし互換性がある腕時計があったらその時計に使われてしまうのかも・・・。と考えると嫌な気持ち半分、広まれOMEXという思い半分。

 

他にもある、中国工場産の悲劇

omeco

スニーカーを製造した先輩のお話で言えば商品到着の日。

港へ行き商品を開梱した際に「ん?」となったらしい。

靴紐を通す部分を金具の仕様にしたものの、指示した覚えのないロゴの刻印が入っている・・・。

「BVLGARI・・・。」

スグに工場へ連絡。

工場の答えは「ロゴ入っている方がかっこいいじゃん」

いやいやwwwコピー商品はダメよ絶対wwwww

そんな感覚の工場はまだまだあります。

だからこそ撤退する企業も多いわけでして。

 

更なる悲劇が舞い込んで来る…

なんとかそんな難関も乗り越え土日も休まず弊社検品部隊は検品を行い、

シャブリーナは完成して無事発送となるなと一安心していた矢先にまた連絡が来ました。

 

「黒のシャブリーナは、大部分のコマが同じ方向で留められてしまっていました」

 

え?もうほんまに疲れるパターン。

 

サンプルの時点でおかしかったので、ネジ止めは左右逆にしなさいという指示書を出して念押ししていました。

それでもこういうトラブルが起きる。

 

全部ではなかったので、なんとか予定日に納品はされます。

しかし、これは1からやり直しとなります。

 

だからって妥協は許されない!

必ず検品を行い良い商品を1日も早くお客様にお届けいたしますのでご安心ください。

弊社のような零細企業はどうしてもこんなトラブルに見舞われますが1つ1つの課題と戦いながら前に進んでいきます。

 

ちなみに、ちゃんと商品ページ記載の日程に発送予定ですので安心してご予約ください。

ご予約はこちらから